Information

コラム

ガールズバーで忙しい時間帯と曜日とは?

高収入が期待できるガールズバーのお仕事は、ナイトワークの経験がない女の子でも気軽に働けるということもあり、最近人気が出てきています。ただ、その時給の高さを見ると「勤務中はずっと忙しいのでは?」と心配になってしまうかもしれません。ガールズバーも普通の飲食店同様、忙しい時間帯とそうでない時間帯が存在します。そこで今回は、ガールズバーの営業時間帯と忙しさについて説明していきましょう。

 

OPEN~20時まで

ガールズバーがオープンしてから20時くらいまでは、かなり落ち着いている時間帯です。この時間帯は平日なら仕事上がりでご飯を食べている人が多く、週末でも飲み会の一次会をしていることが多いからです。

 

この時間帯は、お店はオープンさせつつもこの後来る忙しい時間帯に向けた準備などを行います。お客さんにとっては、女の子とゆっくりお話しながらお酒が楽しめる時間でしょう。

 

20時~24時まで

この時間帯は、ガールズバーにとって最初に忙しい時間帯になります。上記のように一次会や晩ご飯を済ませたお客さんが多く来店するタイミングだからです。お店側もこの時間帯を書き入れ時として見ているので、その日限定のイベントなどはこの時間帯に行う傾向にあるでしょう。

 

働く側としては、最も忙しい時間になるので、しっかり前もって準備して充実した接客ができるようにしておくと良いでしょう。お店側も、この時間帯にシフトを入れてくれるのはありがたいと思っています。

 

24時~2時まで

24時(0時)を過ぎると、キャバクラやラウンジといった風俗店がお店を締めなければならないため、そういったお店で遊んでいたお客さんが来店してくる可能性のある時間帯になります。すでにお酒をある程度飲んで出来上がった状態の方も多いため、トラブルが起きないように丁寧な接客が求められることが多いです。

 

一方で、終電が終わった後でもあるため、平日は客足が落ち着き始める時間帯とも言えます。

 

2時~CLOSEまで

深夜から始発が動き始める時間帯は、オープン直後同様落ち着いた時間帯であることが多いです。特に平日の場合、その足で帰ることができるお客さん以外は来店しないことが多いので、常連の方が多くなってくる傾向にあります。

 

ただし、この時間帯までシフトを入れている女の子も少ないため、お店側としてはこの時間帯に働ける子にはかなり優遇している傾向にあります。

 

曜日による忙しさの違い

ここまで、時間帯別の忙しさを見てきました。ここからは曜日別のガールズバーの忙しさを紹介していきましょう。

 

■月曜日~木曜日

平日、一週間の中日は比較的落ち着いている傾向にあります。最も混雑する時間帯は20時~24時で、明日も仕事のお客さんが多いことから終電が近くなると一気に人が減ります。

 

■金曜日

平日最終日の金曜日は、一週間の中でもトップクラスに忙しくなります。金曜日の傾向として、会社での付き合いで来店した、というお客さんが多く、スーツ姿の社会人が目立ちます。平日と変わらず20時~24時が最も忙しいですが、中には終電を諦めて始発まで飲む人も散見されるため、24時を過ぎても忙しさが続くことが多いです。

 

■土曜日

居酒屋などの飲食店にとって書き入れ時とも言える土曜日は、ガールズバーにとっても大事な曜日。金曜日と違って、友人同士での来店が多く、私服のお客様が目立ちます。20時~24時は変わらず忙しく、24時を過ぎても帰る人は平日より少ないです。

 

■日曜日

日曜日は、明日が月曜日ということもあり、20時~24時は忙し目なものの終電の時間を過ぎると一気に人が少なくなります。平日以上、金曜日未満の忙しさと言えるでしょう。

 

まとめ

ガールズバーは、他のお店同様に忙しい時間帯や曜日が存在しますが、常にめちゃくちゃ忙しいというわけでもありません。確かに忙しい時は時給相応に働く必要がある可能性もありますが、落ち着いた時間帯であればその時給はとてもおいしいと感じるでしょう。時給だけ見て「ずっと忙しいの?」と思っていた方は、ぜひ今回の内容を見てチャレンジするきっかけにしてみてくださいね。

 

東京(恵比寿・学芸大学・中目黒など)でガールズバーのお仕事を探すなら、東京のガールズバー専門求人サイト「GirlsTokyo|ガールズトーキョー」まで!

ページ上部へ