Information

コラム

タトゥーを入れていてもガールズバーで働ける?

ガールズバーで働きたいと思っている女の子の中には、身体にタトゥーを入れている人も少なくありません。タトゥー自体は自分らしさを演出したり、大切な思い出をいつも思い出させてくれたりと、様々な意味を持つファッションの一つです。最近は昔よりもタトゥーに対する偏見が減ってきており、特別なことではないと考える人も増えてきています。

 

とはいえ、タトゥーに対する世間一般の目はやはりまだまだ厳しいものがあり、お仕事によっては絶対NGと言われてしまうことも。そこで今回は、ガールズバーで働きたいけどタトゥーが入っていても問題ないのかについて説明していきましょう。すでにタトゥーを入れている人、タトゥーを入れてみたいと考えている人は、ぜひ参考にしてくださいね。

 

タトゥーOKかどうかは寛容なお店と絶対NGなお店で分かれる

まず結論としては、様々なことに比較的寛容なガールズバーであってもタトゥーは「OKなお店と絶対NGなお店に分かれる」としか言えません。ガールズバーだから、というよりは、接客業だから、という点に集約されるからです。

 

ガールズバーは接客がメインのお店のため、お客さんの満足度の向上が経営していく上で常に課題になります。仮にガールズバーのオーナーがタトゥーに理解があったとしても、来店するお客さんが嫌悪感を抱いてしまうと二度と来てくれなくなってしまいます。お店側としては一人でも多くの常連さんを増やしたいと考えているので、「働く女の子の個性を尊重すること」よりも「お客さんからどう思われるか」というのを大事にせざるを得ないのです。

 

実はこれは、温泉施設でタトゥーが入った人をNGにしているのと同じ理由。店長に理解があったとしても、他のお客さんに「この温泉はタトゥー入れている人を入れるんだ、怖いな」と思われるリスクを考えた結果、多くの温泉でタトゥーNGとなっているのです。

 

ただしガールズバーは多種多様なので、中にはタトゥーOKのお店もあります。ただし、その場合でもびっしりタトゥーを入れていてノースリーブで出勤…というのは控えてほしいと言われる可能性があるので、程度には気をつけましょう。

 

ガールズバーで働く際にタトゥーを隠す方法

次に、「タトゥーが入っていても大丈夫だけどお客さんの前ではできるだけ隠してね」と言われた際のタトゥーの隠し方について紹介していきましょう。

 

なお、かなり目立つところにタトゥーを入れているにも関わらず「タトゥーはありません」と嘘の申告をするのは絶対にやめましょう。お客さんからの指摘を通してバレたりすると、責任問題に発展してしまいます。

 

服で隠す

基本的な方法として、長袖の服などを着て隠すというのがあります。基本的にガールズバーは店内が快適な温度になるようにクーラーを効かせているので、夏場に長袖を着ていても「私寒がりなんです」と言ってごまかすことができるでしょう。また、何かを貼ったり覆ったりすることがないため、肌にも比較的優しいというメリットがあります。

 

ただし、この方法は制服が指定されていたり、イベント時にコスチュームを着る必要があったりする際には使用できません。以降で紹介する方法で隠すようにしましょう。

 

テーピングで隠す

特別な技術が必要なく、気軽に隠すことができるのが肌色のテーピングで隠す方法。ガールズバーのように暗めの店内であれば、比較的気づかれにくいでしょう。

 

ただし広範囲のタトゥーを隠すことは難しく、またテープなので凝視されるとバレてしまうというのがあります。言い訳としてはケガをしてしまった、などが鉄板ですが、そこから自然に話を逸らせるようなトークスキルが要求されるでしょう。

 

ファンデーションスプレー、コンシーラーで隠す

化粧の延長線上として使えるファンデーションスプレーやコンシーラーを活用すれば、テーピングなどよりも自然にタトゥーを隠すことができます。

 

ただし、自然に隠すのに技術が必要で、最初は時間がかかる可能性があります。ガールズバーで働くことになったら、出勤前にスムーズに隠せるように練習しておくと良いでしょう。

 

ファッション(アイテム)で隠す

ピンポイントタトゥーなど、小さめのものであれば、ファッションついでに隠すことができます。例えば首元にタトゥーを入れている場合は、ストールやスカーフなどで自然にカバーできるでしょう。耳もとなどであればロングヘアーにし、髪で隠すのが効果的です。

 

ただし、いずれも働いているガールズバーのドレスコードに合っていないと不自然になってしまうので、そのお店の雰囲気に合わせたファッションを心がけることをおすすめします。

 

まとめ

タトゥーに対する偏見は年々なくなってきている傾向にありますが、まだまだ厳しい目で見られるのが現実です。特に年配のお客さんは、若年層のお客さんよりも批判的な目で見がちです。残念ながらガールズバーは接客がメインのお店なので、お客さんから悪印象を持たれる可能性のある要素はできるだけ隠していきましょう。

 

東京(恵比寿・学芸大学・中目黒など)でガールズバーのお仕事を探すなら、東京のガールズバー専門求人サイト「GirlsTokyo|ガールズトーキョー」まで!

ページ上部へ