Information

コラム

ガールズバーバイトでのお酒を翌日に残さない!二日酔い防止テクニック

ガールズバーでのお仕事は、お客さんとお話しながらお酒を提供するというとても楽しいものです。ただし、接客の一環でお客さんと一緒にお酒を飲まなければならないときもあり、これが体質によっては問題になってきます。

 

いくらお酒が飲める人でも、何時間も立って接客しながらという状況の中でお酒を飲むわけですから、疲労なども相まって酔いがまわってしまうことも少なくありません。しらずしらずのうちにまわったお酒が翌日に響き、コンディションが最悪のまま出勤…というのはガールズバーのお仕事の中でもとても辛い瞬間の一つです。

 

そこで今回は、ガールズバーでのバイトをする上でつきあっていかなければならない「お酒」について、翌日に残さない(二日酔いを防ぐ)ためのテクニックを紹介していきましょう。「お酒はそれほど強くないから働く上で心配…」という人は、ぜひチェックしてみてくださいね。

 

ガールズバーの仕事で二日酔いを防ぐ方法①出勤前

まずは、出勤前に行える二日酔い防止方法を紹介していきましょう。

 

お腹が空いている状態を避ける

お酒は、お腹が空いていると早くまわってしまいます。接客する際の体力にも関係してくるので、出勤前にはしっかりご飯を食べるようにしましょう。

 

また、食べるものは脂肪分や炭水化物を多めにするように意識しましょう。ダイエットなどをしている人にとっては避けたいものではありますが、これらはアルコールによる胃や肝臓への負担を軽減してくれるため、しっかり摂るように心がけましょう。

 

サプリメントや漢方薬を飲んでおく

アルコールの代謝はビタミンB2やB6など、ビタミンB群を多く使うとされています。そのため、ビタミンB群を補完してくれるサプリメントを出勤前に飲むことをおすすめします。

 

また、五苓散などの漢方薬も二日酔いに効果が期待できます。食前に服用するのが効果的なため、上記の食事前に飲んでおくと良いでしょう。

 

ウコンなどが配合された栄養ドリンクは、実際のところサプリメントや漢方薬ほど効果が期待できませんが、「これを飲んでいれば二日酔いにならない」というプラシーボ効果がある人は飲んでおくのもアリです。

 

ガールズバーの仕事で二日酔いを防ぐ方法②接客中

次に、接客しながら自然にできる二日酔い防止方法を説明していきましょう。

 

こまめな水分摂取を忘れずに

アルコールを分解する際、水分が消費されます。血中のアルコールの濃度を下げることにもつながるので、水は接客中も摂れるタイミングでコンスタントに摂るようにしましょう。

 

例えばホールからキッチンに戻る度に飲んだり、お客さんの前で飲めるお店であれば「話し疲れちゃったのでお水飲みますね」と一言伝えた上で飲んだりといった工夫をすると良いでしょう。

 

蒸留酒や水割り・お茶割りを選ぶ

お客さんからのお酒は基本的に出されたものを飲むほかありませんが、「好きなのを飲んでいいよ」といわれた際にはできるだけ水割りやお茶割り、蒸留酒(ウイスキー・焼酎など)を選びましょう。これらのお酒は他のお酒に比べてアルコールが分解されやすかったり、水・お茶で割っているおかげでアルコール度数が下がったりしているためです。

 

自分の限界を知っておくことも大切

接客中は人によっては無意識のうちに緊張し、酔いの回りが遅くなりがちです。普段リラックスしているときよりも酔いづらいため、しらずしらずのうちに大量のアルコールを摂取しがち。ですが、アルコールは形となって確実に体内に入っているため、突然気持ち悪くなったり体調を崩してしまったりする可能性もあります。

 

普段からお酒を飲む人であればある程度自分の限界を知っていることが多いですが、あまり飲まない人は要注意。「これぐらいで自分は気持ち悪くなる」という絶対量をしっかり把握しておくことをおすすめします。

 

ガールズバーの仕事で二日酔いを防ぐ方法③退勤後

最後に、退勤後に行いたい二日酔いを防ぐための習慣を紹介しましょう。

 

たくさん飲んだ、という日はすぐの入浴を控える

入浴すると血流が良くなりますが、アルコールが入った状態ではマイナスの方向に強く働きます。リラックスしてしまうこともあり、酔いが回ってしまうことが懸念されるのです。どうしてもお風呂に入りたい、という場合、温度を抑えたシャワーを浴びるようにしましょう。

 

味噌汁などの温かいもので塩分と水分を摂取し、すぐに寝ない

疲れてヘトヘトになっているとは思いますが、アルコールが入った状態ですぐに寝ると内臓機能も停滞し、アルコールが分解されづらくなってしまいます。できればある程度酔いがさめた状態で寝るように心がけましょう。

 

また、アルコールの分解には水分に加えて塩分も大事になってきます。接客中はお水など以外自由に飲食ができないため、オフの時間にお味噌汁などを飲んでアルコールの分解に備えましょう。

 

まとめ

今回は、ガールズバーでの仕事と切っても切れない関係の「二日酔い」の防ぎ方について紹介しました。紹介した内容を実践し、元気に接客してくださいね。

 

もしどうしても業務中の飲酒が疲れる、という場合は、お酒を飲まなくてもOKなお店を探してみるのも一つの手です。その際は、飲酒しなくても大丈夫と明記されているお店を当サイトで探してみてください。

 

東京(恵比寿・学芸大学・中目黒など)でガールズバーのお仕事を探すなら、東京のガールズバー専門求人サイト「GirlsTokyo|ガールズトーキョー」まで!

ページ上部へ