Information

コラム

ガールズバーでお店(店長)に評価される働き方のポイントとは?

ガールズバーのバイトは楽な仕事内容で高収入が期待できるため人気ですが、頑張れば頑張るほど時給アップが期待できる仕事でもあります。同じ時間働くわけですから、時給は高ければ高いほど嬉しいですよね。ただし、どこをどう頑張ればガールズバーで評価してくれるのかを知らないままがむしゃらに頑張っても、十分な評価につながらず疲れてしまうばかりです。

 

そこで今回は、ガールズバーで評価につながりやすいポイントを紹介!さらにしらずしらずのうちに評価を下げてしまうポイントも併せて解説するので、ぜひ参考にしてくださいね。

 

ガールズバーで評価されるポイント

まずは、ガールズバーで評価につながりやすいポイントを紹介していきましょう。

 

できるだけ多くシフトを入れる

多くお店に入ってくれる女の子は、それだけでお店側にとってとても助かるもの。特に金曜日や土曜日といったかきいれ時はお客さんも多く、大変なことが多いのでシフトをずらす女の子が多くなりがち。そんなお店にとって大切なタイミングにコンスタントにシフトを入れるだけでも、お店側から一目置かれる存在になります。

 

遅刻や無断欠席は絶対にしない

社会人にとって当たり前のことですが、バイトであっても遅刻や無断欠席は絶対にしないようにしましょう。逆に言うと、一回でもしてしまうとわかりやすくお店側からの評価を落としてしまいます。どうしても遅刻してしまうときは、最低限早めにお店に遅刻しそうな旨を連絡するようにしましょう。

 

丁寧な接客で固定客を増やす

これも基本的なことですが、丁寧な接客でお客さんの満足度を高めれば、お店に再度足を運んでもらうきっかけにつながります。

 

また、お客さんがあなた自身を魅力的に思ってくれれば、いわゆる「固定客」としてあなたの出勤に合わせてお店に来てもらえるようになるでしょう。固定客が多ければ多いほどお店側にとってもダイレクトに客足の多さにつながるので、評価対象となります。

 

ドリンクのおねだりが上手になる

基本的に飲み放題のシステムを採用しているガールズバーにとって、お客さんからのキャストドリンク(女の子へドリンクをおごること)は大事な収益の一つ。ドリンクのおねだりが上手であれば上手であるほど、お店から女の子への評価が高まります。

 

また、お店によってはキャストドリンクの数に応じて女の子にドリンクバックを設けています。ドリンクバックは直接給料にプラスされるため、他の要素よりもわかりやすく収入アップにつながるでしょう。

 

お店のイベントなどを積極的に盛り上げる

ガールズバーの中には、集客のために定期的にイベントを行うお店があります。イベントの種類はハロウィンやクリスマスといった季節に応じたものから、人気の女の子の誕生日イベントなどまでさまざまです。

 

こういったイベントは、女の子側の気持ちが冷めていると中途半端な結果に終わってしまうことがほとんど。お客さんも楽しくありませんし、次回以降のイベントで足が遠のいてしまうことも懸念されるでしょう。だからこそ、イベントを全力で盛り上げてくれる女の子の存在はお店側にとってとても助かるのです。

 

他の女の子のフォローをしっかり行う

ガールズバーでの接客は基本的に1対1のため、働く女の子側からすればチーム戦ではなく個人戦の印象があるでしょう。しかし、同じお店で働いている以上、お店側としては連帯感を大事にしてほしいと思っています。迷惑なお客さんの対応を積極的にバトンタッチしたり、飲めない女の子が無理やり飲まされそうな雰囲気になっていたら助け舟を出したりといった、さりげないフォローができるようになりましょう。

 

お店からは女の子間の潤滑油としての役割を期待されるようになり、他の女の子からも頼られるなど、より働きやすい環境作りにつながるはずです。

 

ガールズバーで自分の評価を下げてしまうポイント

次に、ガールズバーでお店側からの評価を下げてしまうポイントを説明していきましょう。基本的には上記で説明した評価ポイントと逆のことをしないよう気を付けていればいいのですが、他にもしらずしらずのうちに評価を下げてしまう要素があります。

 

NGな要素が多い

「お酒全く飲めません」「下ネタ絶対ムリです」「プライベートの話絶対嫌です」…これらのNG要素は、一つだけならある程度目をつむってくれますが、複数あるとお店側としては「融通がきかない女の子」という印象を覚えてしまいます。ガールズバーは女の子が気楽に働ける環境がほとんどですが、それにあぐらをかかずに、ある程度は我慢することをおすすめします。

 

終電上がりを徹底する

求人票に「終電上がりOK」と書いているガールズバーがほとんどですが、お店側の本音を言うと、終電後も働いてくれるほうが助かります。ガールズバーは終電後の時間に繁盛することが多く、かきいれ時間前に上がられると手が回らなかったりするのです。

 

終電上がりは否定しませんが、もし終電後も働ける日があればその旨を伝えるとお店側も喜ぶでしょう。

 

挨拶をしない

「遅刻や無断欠席は絶対にしない」同様に社会人にとって当たり前のことですが、出勤時や退勤時などに挨拶があるかどうかで印象が大きく違います。どんなに疲れていたり精神的にまいっていたりしても、できる限り元気な挨拶を心がけましょう。

 

他の女の子の情報を軽率に流す

ガールズバーで働く女の子はプライベートを秘密にしているか、そもそもガールズバーで働いていることを隠していることが多い傾向にあります。そのため、特定の女の子の情報をお客さんや他の女の子に軽率に話すと、他の人から「なんでも他の人にしゃべってしまう人」と思われてしまうでしょう。女の子間でトラブルを作りやすい人は、お店側としても迷惑です。

 

まとめ

今回は、ガールズバーでお店側から評価されるポイントについて紹介しました。今回紹介したポイントを押さえて日々頑張ることで、他の女の子よりも出世スピードが早くなるかもしれません。(ただし、逆に今回紹介したポイント”だけ”頑張っていると、他の女の子からあまり良い印象に映らない可能性もあります)大事なのはバランスなので、ぜひ参考にしつつ、あなただけの働き方で活躍してくださいね。

 

東京(恵比寿・学芸大学・中目黒など)でガールズバーのお仕事を探すなら、東京のガールズバー専門求人サイト「GirlsTokyo|ガールズトーキョー」まで!

ページ上部へ