Information

コラム

ガールズバーは容姿に自信がなくても働ける!容姿をハンデにしないポイント

ガールズバーで働いてみたいけど、自分の容姿に自信がないので応募する勇気が出ない…という人、いませんか?ガールズバーなどのナイトワークは女の子とのコミュニケーションを楽しむ場のため、どうしても「美人前提」というイメージがついて回ります。また、容姿に自信が無いのに働いてお客さんから「ブスだねー」といった心無い一言を受けるのではないか、という恐怖心もあるでしょう。

 

ですが安心してください。ガールズバーは容姿に自信がなくても働くことができるんです。今回は、そんな容姿に自信がない人でも面接に合格して働けるようになるコツ・ポイントと、お客さんからの心無い一言などのトラブルへの対処法を説明!ぜひ参考にしてみてくださいね。

 

容姿に自信がなくてもガールズバーで働くポイント

まずは、容姿に自信がなくてもガールズバーでお店からもお客さんからも高評価を得るポイントを説明していきましょう。

 

面接攻略のポイント

ガールズバーでは、お店側は基本的に「お客さんと楽しく会話できる女の子」を一番評価します。逆に言うと、どんなに美人でも仏頂面だったり会話のマナーができていなかったりすると落とさざるを得ないでしょう。ガールズバーはあくまで接客業であり、モデルの子を雇っているお店ではないためです。

 

そのため、「女の子としての愛嬌」と「楽しく会話できるコミュニケーション力」があれば、お店側は美人じゃなくても採用したいと思うものです。その2点に、さらに「頑張って働きます」という気持ちを伝える姿勢(一週間でできるだけ多くシフトを入れられるなど)があれば、基本は問題なく採用されるでしょう。

 

なお、美人でもそうでなくても、清潔感はマストです!最低限、シワのない服を着て髪をセットし、しっかりメイクしてから面接に挑みましょう。

 

お店で人気の子になるポイント

見事採用され、お店で働くことになったのであれば、面接の時以上に「女の子としての愛嬌」と「楽しく会話できるコミュニケーション力」を意識して、つねに笑顔で接客するようにしましょう。

 

なお、「楽しく会話できるコミュニケーション力」に関しては面接の際はこちらからしっかり伝える必要がありましたが、お客さんとの会話に関しては引き出しの多さだけでなく、聞き上手な面も求められます。適切なタイミングでリアクションするなど、しっかり話を聞いてます感を出していきましょう。

 

世間の目はシビアなので、残念ながらお客さんは美人じゃない女の子よりは美人の女の子に接客してほしい、と考えます。ですが、あなたとのコミュニケーションを通して「最初はどうかと思ったけど、実際話してみたらいい子だったので、またあの女の子と飲みたい」と考えるお客さんは決して少なくありません。そして美貌よりもトークや中身で惹きつけたほうが、お客さんとしてリピーターになりやすい傾向にあります。

 

お客さんの心無い一言への対処法

冒頭でも説明したとおり、残念ながら女の子に「ブス」と平気で言うようなお客さんも中には来店します。ガールズバーは接客業で、かつ女の子と楽しくお酒を飲むお店である以上、お客さんも女の子に期待して来店するため、仕方ない部分もあるでしょう。

 

どんなに取り繕って説明をしても、多少のメンタルの強さが求められる場面はやってきます。基本は、どんなに苦手なお客さんでも「笑顔」と「お話をしようとする積極性」を忘れないように心がけましょう。

 

ただし、あまりに言動が酷い場合は、他の女の子に交代をお願いするか、お店に連絡しましょう。お店側としても働いている女の子を大事にしたいので、仕事をやめるきっかけになってしまうようなお客さんは出禁対応などをしてくれるはずです。

 

それでも自信がない、という女の子へのアドバイス

ここまで読んで、「そんなことは分かってるけど、やっぱりあと一歩が踏み出せない」という女の子もいるでしょう。だからといってガールズバーのバイトを応募する前に諦めたりしないでください。

 

ガールズバーは、お酒とトークがメインのお店のため、容姿があまり美人とは言い難い女の子でも活躍できる要素がたくさんあります。お酒が入れば気が大きくなり容姿をあまり気にしなくなるお客さんは多いですし、会話していたら最初の印象と大きく違った、と言ってくれる機会もたくさんあります。実際、容姿はそれほどでもお店で一番人気になり、各種バックもたくさん稼いでいるという女の子はたくさんいます。

 

また、どうしても、という女の子は、あえてコンセプト系のガールズバーに応募してみることもおすすめでしょう。コンセプト系のガールズバーにはOLスタイルやバニーガール、女豹などのコスプレが好きな人が集まりますが、「そのコスプレをしてくれているだけで精神的に満足してしまう」というおおらかなお客さんも多くいるからです。

 

最後に若干の暴論になりますが、そもそもモデル級に美人の女の子は、芸能事務所やモデル業などを目指すものなので、ガールズバーでそのレベルの美人を求めるお客さんのほうが間違っている、とすら言えるでしょう。

 

まとめ

ガールズバーは美人しか働けない、という印象は間違いで、実際には女の子なら誰でも活躍できる可能性があります。自分を卑下し、最初からガールズバーで働く道を閉ざすことが一番もったいないことなので、まずは様子見がてら通勤しやすそうなお店を見つけて応募してみてはいかがでしょうか?

 

東京(恵比寿・学芸大学・中目黒など)でガールズバーのお仕事を探すなら、東京のガールズバー専門求人サイト「GirlsTokyo|ガールズトーキョー」まで!

ページ上部へ