Information

コラム

ガールズバーで働くときは連絡先を交換しないとだめ?

女の子がナイトワークを始めるにあたって、一番の心理的なハードルとなるのが、「お客さんと連絡先を交換しなきゃいけないのか」という部分だと思います。確かにすでにガールズバーで働いていたとしても、できるかぎり自分の情報を他人に出したくない、働いていることがバレたくない、という気持ちを抱えている人も少なくありません。

 

そこで今回は、ガールズバーのバイトの条件は素敵だけど連絡先を交換するのが嫌だから踏ん切りがつかない…という女の子に向けて、連絡先交換は絶対なのかという点から、連絡先交換のメリット・デメリット・連絡先を交換せずにガールズバーで働くためのポイントまで丁寧に解説します!

 

ガールズバーでの連絡先交換は絶対?

そもそも、ガールズバーで働く上で連絡先の交換は絶対なのでしょうか?

 

結論から伝えると、「働く女の子の自由」となります!つまり、交換したかったらしてもいいですし、絶対に交換しないぞっていうスタンスのままでも基本は問題ないということになります。

 

キャバクラの場合、お客さんへの接待が中心かつノルマもある関係で連絡先の交換は(名刺なども含めると)ほぼマストに近いのですが、ガールズバーはあくまで飲食店なので、連絡先交換マストの風潮は薄い傾向にあります。

 

中にはお客さんと女の子間のトラブル防止や求人のハードルを下げるために「連絡先交換禁止」としているお店もありますので、連絡先を交換することに抵抗を持っている女の子はそういったお店で働くことをおすすめします。心配であれば、面接の際に「連絡先の交換って絶対にしなきゃいけませんか?」と聞いてみることをおすすめします。

 

ただし、連絡先の交換をすることで女の子にメリットになる要素があることも事実。次の項目からは、ガールズバーで連絡先交換をするメリット・デメリットを説明していきましょう。

 

ガールズバーで働く上で連絡先交換をするメリット

ガールズバーで連絡先を交換することのメリットは、主に以下の2点です。

・連絡先交換したお客さんに次も足を運んでもらえる可能性がある(お店によってはバックも存在)

・プライベートで色々とごちそうになれる可能性がある

それぞれ詳しく解説していきましょう。

 

連絡先交換したお客さんに次も足を運んでもらえる可能性がある(お店によってはバックも存在)

連絡先を交換する最大の目的は、なんといってもそのお客さんにひいきにしてもらうこと。ガールズバーはキャバクラと違って連絡先の交換のハードルが高い風潮があるため、お客さん側としても「ガールズバーで連絡先を交換してくれた」というのは特別なステータスなんです。そのため、次にあなたが出勤している日にも来店してくれる可能性が高くなるでしょう。

 

お客さんに気に入られれば、ドリンクをおごってもらったり、指名システムがあるお店であれば指名をもらったりできます。お店側もこれらに対してバック(特別ボーナス)を設けているケースが多いため、「連絡先は一切交換しません」というスタンスの女の子よりも給料が良くなる傾向にあるでしょう。

 

プライベートで色々とごちそうになれる可能性がある

ガールズバーで働く女の子は若い年齢の子が多く、お客さんもそれをわかって来店していることが多いです。そのため、仲良くなればプライベートでおいしいものをごちそうしてもらったり、プレゼントをもらったりすることもあるでしょう。

 

ただし、お客さんと仲良くなりすぎることは、ときにトラブルを生んでしまう原因にもなります。次の項目では、そんな連絡先交換のデメリットを解説していきましょう。

 

ガールズバーで働く上で連絡先交換をするデメリット

なんといっても、「面倒くさいトラブルに巻き込まれる可能性が出てくる」に尽きるでしょう。

 

面倒くさいトラブルには様々な種類がありますが、主に以下が挙げられます。

・お客さんに関係性の発展(リターン)を求められ、最悪逆恨みされてしまう

・連絡先交換を通して職場バレをしてしまう

 

お客さんに関係性の発展(リターン)を求められ、最悪逆恨みされてしまう

連絡先を交換したお客さんの本性があまりよろしくなかった場合、男女の関係性を強く求められたり、プレゼントやご飯をおごったことに対するリターンを求められたりします。

 

また、あなたがプライベートと仕事の自分をわけたいと思っていて、仕事の関係として割り切っているお客さんからの連絡がプライベートの時間に来ると煩わしく感じてしまうこともありえます。いつも返信を求められたり、プライベートを詮索されたりするのは辛いですよね。

 

かといって邪険に扱ったり、ブロックしたりすると、「あんなによくしてやったのに!」と逆恨みされてしまう可能性も。そうなるとお店に連絡が行ってしまったり、あなた自身の情報を不特定多数にばらまかれたりするリスクがでてきます。

 

連絡先を交換する際は、きちんと「あくまで友達です」と事前に伝えたり、そもそもトラブルに発展しそうなお客さんとは交換を控えたりといった処世術を身に着けておきましょう。

 

連絡先交換を通して職場バレをしてしまう

今はSNSの存在などもあり、昔以上に誰と誰がつながっているかわからない時代です。

 

あなたに彼氏がいたり、昼間別の会社で働いていたりして、ガールズバーで働いていることを隠していたとしましょう。連絡先を交換したお客さんが軽率に写真をSNSにアップしたりすると、それをきっかけに職場バレをしてしまう可能性も無きにしもあらずです。

 

連絡先を交換する際は、常にそういったリスクと隣合わせだということを認識し、慎重な行動をすることをおすすめします。

 

まとめ

今回は、ガールズバーで働く上での連絡先交換について説明しました。連絡先交換にはネガティブな印象を持つ女の子も多くいますが、うまく使いこなせば給料アップやコネクションの拡大などが期待できます。どうしても連絡先交換に拒絶反応がある人は、求人票に「連絡先交換ナシ」と書かれているお店に応募することをおすすめします。

 

東京(恵比寿・学芸大学・中目黒など)でガールズバーのお仕事を探すなら、東京のガールズバー専門求人サイト「GirlsTokyo|ガールズトーキョー」まで!

ページ上部へ