Information

コラム

ガールズバーで働く上で気になる「ノルマ」とは?

ガールズバーの求人票を見ていると「ノルマなしでのびのび働けます!」といった言葉を目にしますよね。ナイトワークが初めての人にとってはちょっと物騒な言葉かもしれません。ですが、これらの言葉は内容をちゃんと理解すれば怖くありません!今回は、ガールズバーにおける「ノルマ」について説明していきましょう。

 

ガールズバーにおける「ノルマ」とは

ノルマという言葉自体は、ほとんどの人が聞いたことがあると思います。簡単に言えば、「一定の期間内で達成しなければならない目標」という意味です。

 

具体的な数字を決められ、その期間内にその数字を達成できなければ時給が下がってしまったり(もしくは据え置き)、出勤日数を調整されてしまったりといったペナルティが与えられてしまいます。コンスタントにノルマを達成できなければ、同じ時間働いているはずの他の人よりも待遇が悪くなってしまう恐れもあるでしょう。お店としても、経営を続けていく上で大切な指標になるため、がんばってクリアしてほしいという気持ちがあります。

 

逆にノルマを100%以上の数字でクリアすれば、お店によってはボーナスを出してくれることもあります。お店としても当然よく働く女の子を優遇したいので、多少のスケジュールの変更や待遇の向上に応じてくれるようになります。なお、お店が「売れっ子」と推す女の子は、このノルマを毎月200%の数字で達成したりしています。

 

ナイトワークで働く人に課せられるノルマの種類は様々ですが、例えば近い業態のキャバクラであれば以下のようなものがあります。

・出勤ノルマ

・指名ノルマ

・同伴ノルマ

・ボトルノルマ

・売上ノルマ

・イベント時の特別ノルマ

 

上記をガールズバーのケースに当てはめて、説明していきましょう。

 

出勤ノルマ

ガールズバーでノルマがあるお店のほとんどは、この出勤ノルマをメインにしています。「毎月◯日以上は出てほしい」といったものになります。これから紹介する他のノルマに比べて、出勤するだけでいいため、よほどプライベートが忙しいか面倒くさがりさんでなければ問題なく達成できるでしょう。

 

指名・同伴ノルマ

キャバクラのシステムである「指名」「同伴」の数です。「今月◯回お客さんからご指名いただく」「今月◯回お客さんと同伴する」といったものになります。

 

基本的にガールズバーはカウンター越しに接客をするため、指名システムを採用しているお店は少ない傾向にあります。同伴に関しても、風営法を考慮して採用していないお店がほとんどのため、これらのノルマがガールズバーで課せられることはほぼありません。(ただしお店によっては存在するので、避けたい場合は面接などでしっかり聞いておきましょう)

 

ボトル・売上ノルマ

ガールズバーに限らず、キャバクラなどのナイトワークでは、お客さんから女の子にドリンクをおごるといったシステムを採用しています。このおごりが発生したとき、お店によっては「ドリンクバック」と呼ばれるインセンティブ(ボーナス)をもらうことができます。ガールズバーでは「お酒おごってもらったらドリンクバックあるから普段から頑張って接客してね」といった形がほとんどですが、お店によってはこのドリンクバックの数をノルマに設定していることもあります。

 

なお、リーズナブルに楽しめるガールズバーではあまりありませんが、高級キャバクラではドンペリなどの高いボトルがどんどんおごられるため、お酒を本数で見立てて「ボトル」ノルマと呼んだりします。

 

売上ノルマは、その名の通り総合的な金額で見たノルマです。キャバクラでは「指名」「同伴」「ボトル」など、基本料金にプラスアルファでその女の子だけにお金を払う要素が多く、また金額の可視化もしやすいため、このようなトータルの売上をノルマとして課される場合があります。ガールズバーの場合は女の子だけにお金を払う要素がそれほど多くないため、売上ノルマを課しているお店はあまりありません。

 

イベント時の特別ノルマ

ハロウィンやクリスマスなど、季節行事に応じたイベントをお店全体で盛り上げる際、イベント限定のメニューやチケットなどの数をノルマとして設定する場合があります。売れっ子の女の子の誕生日にはバースデーイベントを行うお店もあり、こちらも同様に裏でイベントノルマを課されている場合があります。

 

イベントの企画、実行には普段の経営とは別のお金がかかるため、いつも以上に女の子に頑張ってほしいというお店の気持ちの現れと言えるでしょう。

 

まとめ

ガールズバーはキャバクラと違って、お客さんにできるサービスの種類に制限があります。そのため、キャバクラよりもノルマとして設定できる数字の項目が少なく、ノルマの種類も限られています。お店側としても、女の子にたくさん応募してもらいたいという気持ちからノルマを貸していないことも。「ノルマなし」であればノルマという言葉を怖がる必要もなく、のびのびと働けるので、まずは気軽に応募してみてはいかがでしょうか。

 

東京(恵比寿・学芸大学・中目黒など)でガールズバーのお仕事を探すなら、東京のガールズバー専門求人サイト「GirlsTokyo|ガールズトーキョー」まで!

ページ上部へ