Information

コラム

ガールズバーで作るお酒・カクテルの種類を説明!

ガールズバーでは、お客さんをもてなすためにフロアガールがお酒を作るのが普通です。一部のお店では、キッチンスタッフが作ったものをサーブするだけのシステムもありますが、基本的には接客しているあなた自身がお客さんの希望するお酒を作ります。

 

今回は、ガールズバーでよく作られている(オーダーされる)お酒やカクテルの種類と、その簡単な作り方について説明していきましょう。普段お酒をあまり飲まない方や、お酒を提供するお店で働いた経験がない方にもわかりやすく説明していきますので、ぜひチェックしてみてくださいね。(なお、提供しているお酒の種類はお店によって違い、またカクテルの作り方も異なります。基本はお店の方針に従ってください)

 

焼酎ベース

焼酎は基本的にどのガールズバーにも置いてあります。焼酎をベースにしたカクテルの作り方をマスターすれば、仕事・プライベート問わずお酒の席で活躍できること間違いなし!

 

・ロック

ロックとは、何も入れず(割らず)氷だけ入れた状態で飲むことを指します。お店の指定したグラスに氷を入れ、5分目から6分目まで焼酎を入れて、マドラーで軽く混ぜたら完成です。(ちなみに、氷すらいれずに飲むことを「ストレート」と言います)

 

・水割り

グラスに焼酎を注ぎ、そこに水を入れる(割る)ことで完成します。ロックよりも多めに氷を入れるのがポイント。焼酎は基本的に2~3分目までに留めますが、何分目まで入れるかはお店の指示に従ってくださいね。

 

・◯◯ハイ

ウーロンハイなどの◯◯ハイは、実は焼酎をその飲み物で割ったものを指します。水割りと同じ分量で、水の代わりに指定の飲み物を入れる要領で作りましょう。

 

・◯◯サワー

レモンサワーなどの◯◯サワーも、焼酎とシロップ+炭酸水の組み合わせの飲み物だということをご存じでしたか?サワーを作るためのサーバーがあれば、そこから注いだあとに適量のシロップを入れて混ぜるだけ。サーバーがなければ、焼酎に指定のフレーバーのシロップと炭酸水を混ぜて完成です。焼酎は本当に万能なので、ぜひ割り方をマスターしてみてくださいね。

 

ウイスキーベース

ウイスキーも、焼酎と同じくガールズバーにほぼ確実に置いてあるお酒です。

 

・ロック

・水割り

これらの割り方や分量は、だいたい焼酎と同じです。焼酎よりも香りや度数が強いため、お店の決めた作り方・分量に従ってくださいね。

 

・ハイボール

ウイスキーをソーダ割り(炭酸水を入れる)するとハイボールになります。水割りの水を炭酸水にした分量で問題ありません。焼酎ではあまり行わないソーダ割りですが、ウイスキーだと近年人気のハイボールになるので、覚えておくと飲み会などで役に立つでしょう。

 

リキュールベース

女の子にも人気のリキュールベース。ピーチやマンゴー、カシスといったフレーバーがメジャーですね。お客さんに出すというよりも、お客さんと一緒にお酒に付き合う際にスタッフに振る舞われることのほうが多いでしょう。

 

基本的にはリキュールのフレーバー名+割り材(入れる飲み物)で名前がついています(例:カシス+ウーロン茶→カシスウーロン)が、中には特別な名前がついているものもあるので注意して下さい。(例:ピーチ+オレンジジュース→ファジーネーブル)

 

分量などは割り材によって異なるので、しっかりマニュアルを見て作りましょう。

 

ビールベース

一部のガールズバーでは、ビールも提供しています。ビールは泡がある関係で注ぎ方に癖があり、なれるまでなかなか黄金比を作り出すことは難しいでしょう。

 

・ビールサーバーからの注ぎ方

ビールサーバーから注ぐときは、グラスを斜めにして、グラスに沿う形で泡を作らないよう静かに注ぎましょう7~8分目まで注いだら、レバーを逆に倒して泡を乗せて完成です。

 

・瓶ビールでの注ぎ方

ビールサーバーでの注ぎ方とは逆に、最初はグラスの底に泡を作るイメージで勢いよく注ぎます。泡が一定量つくられたら、あとは静かに注ぐだけ。底に作られた泡が、後から注がれたビールによって浮いてきて、きれいな黄金比を作ることが出来ますよ。

 

・ビールベースのカクテル

ビールはそのまま飲むだけでなく、他の飲み物と1:1の割合で混ぜることでビアカクテルになります。有名どころでは、シャンディガフ(ビール+ジンジャーエール)、レッドアイ(ビール+トマトジュース)などがあります。

 

その他人気カクテル

ここまで紹介した王道のお酒・カクテル以外にも、ガールズバーではたくさんのお酒があります。ここからは、よくオーダーされる人気のカクテルを紹介していきましょう。なお、全部の割り方を覚えなくてもほとんどのお店でマニュアルを準備してくれているので安心してくださいね。

 

・ジン

ジントニック、ジンバック、ジンリッキー、ロングアイランドアイスティーなど

 

・ウォッカ

スクリュードライバー、モスコミュール、ウォッカトニック、ブラッディメアリーなど

 

・テキーラ

テキーラサンライズ、エルディアブロ、マルガリータなど

 

・ラム

ピニャコラーダ、モヒート、キューバリブレなど

 

・赤ワイン

キティ、カーディナル、カリモーチョなど

 

・白ワイン

キール、オペレーター、スプリッツァなど

 

まとめ

今回は、ガールズバーでよく飲まれるお酒、カクテルについて紹介しました。紹介したもの以外にもたくさんの種類があり、ベース+割り方が無限大なのがお酒の楽しいところでもあります。ただ、たくさんの割り方を覚えなければならないわけではなく、あらかじめお店の方でメニューとして決められているものをしっかり作るだけで問題ないので安心してくださいね。

 

もしどうしても不安であれば、体入(体験入店)可能なお店で実際に働いてみて「やっていけるかどうか」を判断するのがおすすめ!まずはいろいろなお店の求人内容をチェックしてみてくださいね。

 

東京(恵比寿・学芸大学・中目黒など)でガールズバーのお仕事を探すなら、東京のガールズバー専門求人サイト「GirlsTokyo|ガールズトーキョー」まで!

ページ上部へ