Information

コラム

お酒が飲めなくてもガールズバーで働ける?お店を探す時のポイントと注意点について

高収入で楽しいガールズバーでのお仕事ですが、人によっては最大のネックが存在します。それは「お客さんと一緒にお酒を飲むのも仕事の一部」であるというところ。お酒が飲めない人からすれば、「お酒を飲めないとクビ?」「飲酒を強制されるのでは?」といった不安が生まれてしまうのではないでしょうか。

 

そこで今回は、「お酒が飲めなくてもガールズバーで働けるのか」という点を含め、お酒が飲めない人に向けてわかりやすい説明をしていきます。気になっている人はぜひチェックしてくださいね。

【結論】お酒が飲めなくてもガールズバーで働けます!

最初に結論を言ってしまうと、お酒が飲めなくてもガールズバーで働けます!

 

求人内容をしっかり見てみると、意外と書いているのが「お酒飲めなくてもOK」の一文。少なくともこの一文が書いていれば、お酒が飲めなくても問題なく働ける環境づくりを行ってくれていることがほとんどです。また、お酒が飲めないせいでクビになってしまうということもありません。

 

ガールズバーは高収入かつ仕事内容が合えば本当に楽しいお仕事なので、求人内容を見る前から諦めてしまうのはもったいないですよ!まずは一度、条件だけでも見てみてくださいね。

 

お酒が飲めない人のガールズバーでの働き方

もちろんお酒が飲めないからといって、お客さんから特別扱いを受けられるわけではありません。しかしお店側は「お酒の代わりになるソフトドリンクを用意する」「飲酒を強制するお客さんに遠慮をお願いする」といったフォローをしてくれます。簡単に言えば、ソフトドリンク(もしくはアルコールを薄めたカクテル)でお客さんと楽しくお酒を飲んでいるふりをするのをサポートしてくれる、ということです!

 

ちなみに、ガールズバーで働くまでカクテルを自分で作ったことがないという人でも、お店ごとに作り方のマニュアルなどを用意してくれていることがほとんどなのですぐ覚えることができますよ。自分でお酒を作るお店の場合は、自分が飲める量に合わせて分量を調節するテクニックを教えてもらえるでしょう。(もしお酒を作るのがフロア担当ではなくキッチン担当の場合、アルコールの分量を調節してもらえます)

 

お酒が飲めなくても問題はないものの、飲めたほうが有利

とはいっても、お客さんは「女の子と一緒にお酒を飲みたい」という思いでガールズバーに来てくれることがほとんど。お酒とソフトドリンクを入れ替えたり、アルコールの量を調節したりするといった細工はバレなければ問題ありませんが、バレてしまうとあまりいい反応をしてくれないことも…。

 

お客さんは基本的に「一緒に飲んで楽しい時間を共有できる」女の子になびきがちなもの。そのため、残念ながらガールズバーではお酒が飲めるに越したことはありません。

 

お酒が飲めないけどガールズバーで人気者になりたい場合、コミュニケーション能力を伸ばすことを意識するといいでしょう。ガールズバーで接客する上でほとんどはお客さんの身の上話を聞くことになるので、聞き上手の女の子が好かれる傾向にあります。また、今の男性の間で流行っているものなどをチェックしておくと会話の幅が広がって一目置かれる存在になれるかもしれませんよ。

お酒が飲めない人がガールズバーで働く際の注意点

 

次に、お酒が飲めない人がガールズバーで実際に働く上での注意すべき点を説明していきましょう。

 

自分がどれぐらいお酒が飲めないかを事前にチェックしておこう

「お酒が飲めない」と一口で言っても、その飲めない度合いはさまざま。「乾杯の際のカシスオレンジ1杯くらいなら問題ない」という人から「ほろよい1缶の半分で気持ち悪くなる」という人まで、アルコールに対する耐性は人によって大きく違います。

 

例えば「乾杯の際のカシスオレンジ1杯くらいなら問題ない」という人であれば、アルコールを薄めたカクテルを作ればお客さんと一緒に飲めます。指摘されたとしてもアルコールが入っていることにかわりはないので、ソフトドリンクオンリーで接客するよりはやりやすいでしょう。

 

逆に「ほろよい1缶の半分で気持ち悪くなる」という場合、根本的にアルコールを摂取してはいけない体質である可能性が大きいです。その場合、無理にお客さんに合わせてお酒を飲むと体調不良になって接客どころではなくなったり、急に倒れてしまったりするかもしれませんので、絶対にしないようにしましょう。

 

お店には事前に、自分がどれぐらい飲めない体質かを伝えておくと安心ですね。

 

ソフトドリンクでの接客はお客さんにバレないように気をつけよう

「お酒が飲めなくても問題はないものの、飲めたほうが有利」の項目でも触れたように、お客さんは基本「女の子とお酒を飲みたい」という気持ちで来店してくれることがほとんどです。そのため、自分一人お酒を飲んで肝心の女の子はソフトドリンクしか飲んでいなかった…ということに気付いて不機嫌になってしまうお客さんもいるでしょう。

 

お酒のせいで気が大きくなっていることから、中には怒鳴ったりクレームを言ってきたりする人もいるかもしれません。最悪の場合お店が対応してくれますが、ソフトドリンクでの接客はバレないに越したことはないので、ソフトドリンクでもお酒を飲んでいるかのように見せるテクニックを磨きましょう。

まとめ

お酒が飲めなくてもガールズバーで働くことは可能ですが、求人内容をしっかり確認することが大切です。また、お酒が飲めないなりのガールズバーでの働き方に慣れなければ、望まないトラブルを起こしてしまう可能性があるので注意しましょう。

 

もしどうしても不安であれば、体入(体験入店)可能なお店で実際に働いてみて「やっていけるかどうか」を判断するのがおすすめ!まずはいろいろなお店の求人内容をチェックしてみてくださいね。

 

東京(恵比寿・学芸大学・中目黒など)でガールズバーのお仕事を探すなら、東京のガールズバー専門求人サイト「GirlsTokyo|ガールズトーキョー」まで!

ページ上部へ